愛媛県の外壁・屋根塗装なら塗装専門会社マスターペイントへ

会社概要 サイトマップ
電話番号
株式会社マスターペイント

塗り替え時期の目安

 10年に一度の塗り替えが目安とされるとありますが、屋根、外壁の材質の違いなどや立地条件によって塗り替え時期が異なります。
早めの塗り替えが結果としてメンテナンスコストの軽減にもつながります。早めの点検、早めの塗り替え工事をおすすめします。

 屋根や外壁は風雨や紫外線など厳しい環境に晒されています。遅くとも建てられて10年目には一度点検しておくと安心です。
劣化が進む前に塗装で保護しておけば、結果的にメンテナンスコストが安価で済む場合が多いようです。

 屋根、外壁だけでなくはなく雨桶、鉄部などもよく見てみましょう。 塗膜が剥がれていたりサビが発生していませんか? 塗装は建物を守り建物の寿命を延ばします。
塗り替え工事は、ご家族の大切な建物(財産)を守るために必ず必要です。
再塗装の方は、前回の屋根、塗装の痛み具合や工事の行い方、使用された塗料の種類によって塗り替え時期が異なります。定期に点検されると良いでしょう。

写真で見る実際の例

以下のような症状が出ていたら、塗り替え時期が迫っています。
弊社までご連絡くだされば、すぐに担当者が無料訪問診断をさせていただきます。

①外壁にガビやコケが発生している

 日光が当たらないような家の北側に多く発生します。発生する要因として、養分と湿度、酸素、水分が関係します。
湿度と水分に関しては外壁塗装の劣化により壁自体の防水性が低下して壁の含水準が高まっている状態。
この症状がでていたら塗り替えが考えられます。
※メンテナンス時期と言えます。

②チョーキング現象

 チョーキング現象(白亜化)ともいいます。外壁を手でこすると白い粉のようなものが付く状態を言います。
 塗装の表面が紫外線や熱雨風などによって劣化を起こし塗料の成分の顔料が劣化し、チョークのように粉状になって消耗してしまうのです。
外壁に塗ってある塗料の防水効果が切れてきたというサインです。この症状がでていたら、早急に塗り替えをお考えになられた方がよろしいといえます。

③外壁に所々ヒビワレがある

 モルタルの場合に多く、建物の揺れや紫外線による劣化、乾燥による伸縮で起こるケースがほとんどです。
表面にコーティング(塗膜)などを施している場合は紫外線によるクラックは緩和できます。
また一度割れた箇所も樹脂モルタルやシーリング剤で補修するで修繕できます。
この様な症状がでた場合なるべく早めの塗り替えか、一度診断点検をおすすめします。

④シーリングの劣化

 家の外壁がサイディンボードである場合は、サイディンボード一枚一枚のつなぎ目全てシーリングが使われています。
 その他、サッシ廻りやドア廻り、換気扇の廻りなど様々な部分でシーリングは使われています。
南側や西側など紫外線が強くあたる方向が特に強く痛む傾向が見られます。
表面の細かなヒビワレ、サイディンボードの断面からの剥離は、紫外線による肉ヤセも原因ですが、新築施工時のシーリング施工前に行うプライマー(接着剤)不足も考えらえます。
この症状がでていたら早急に塗り替えをしなければいけない時期ともいえます。

⑤外壁が色あせしている

 紫外線が直接当たる場所から色あせが出てきます。外壁が色あせていたり、見た目が悪くなってきたのは、風雨、紫外線等により塗膜の表面(トップコート)が劣化してきている原因です。
外壁の色あせは、見た目もよくないですし外壁の劣化を示すサインでもあります。
この症状がでたらなるべく早めの塗り替えをおすすめします。

⑥外壁の塗膜の膨れ・剥がれ

 外壁の表面をコーティングしている塗膜が劣化しすぎて外壁に膨れ剥がれが発生します。
この症状までくると外壁を保護する塗膜の機能がない状態です。素材の欠損に進行します。
 ただし、下地素材が室内から侵食されて塗膜を浮かせている場合もありますので正しい診断が必要です。
この症状がでていたら早急に診断が必要と思われます。

⑦屋根の痛み

 紫外線が直接当たる場所から劣化、色あせがでてきます。
屋根材が色あせしたり見た目が悪くなってきたのは、風雨、紫外線、熱等により塗膜の表面トップコートが劣化してきているのが原因です。コケや藻の発生している状態もよく見受けられます。
この症状がでてきたら塗り替えメンテナンス時期といえるでしょう。

⑧鉄部(板金部)の劣化

 鉄部(板金部)の表面をコーティングしている塗膜が劣化しすぎて剥がれが発生します。そのままにしておくと、サビが発生します。
 この症状までくると材質を保護する塗膜の機能がない状態でサビを進行させます。
この症状がでていたら早急に塗り替えをしなければいけない時期ともいえます。